レーシック画像

レーシックをやって眼鏡が不要になった

レーシックを受けてから、そろそろ5年が経過しようとしています。
幸いなことに、特に後遺症が出ることもなく、視力も安定しています。

現在、どこかの眼科に通院しているということはありませんし、目の異常を感じる事もありません。

レーシックを受けようとした時、インターネットなどで様々な情報を目にしました。
料金や施術の方法なども大事ですが、自分の大切な目のことですので、慎重に選びました。
レーシックを受けられる条件がこちらにかいてありますのでご覧ください。
最終的には、少し距離がありましたが、院長先生が自らの手で施術をしてくれる病院を選びました。

私は両目とも視力が0.1未満でしたので、いろんな広告に出ていたように高い視力が出るかどうか
不安でしたが、カウンセリングを受けた時に、
「かなり強度の近視であるが、裸眼で生活ができる程度には回復する」
という先生からのお言葉を頂いたので、そこは安心していました。

コンタクトレンズはずっと外したままにしておき、施術当日を迎えました。

レーシックの施術時間は全部で30分もかからず、どこも痛みを感じることはなく無事に終わりました。
機械の音がやかましく聞こえたくらいで、身体に不満を感じることはありませんでした。

驚いた事に、施術終了後割とすぐに、早くもそこそこの視力が出ていました。
その場で視力検査はしませんでしたが、効果をすぐに実感できたので嬉しかったです。
目を保護するゴーグルをかけて帰宅しましたが、特に危ない目に遭うこともなく、
普通に帰れました。

翌日からは、期間ごとに目の術後経過の観察となりました。
施術翌日・1週間後・3週間後〜というように、定期的に通院をしました。
やることは目薬をもらったり視力検査だけだったので、
施術当日のような大掛かりなことはありませんでした。

全6回の通院が終了し、現在でも目はよく見えています。

この間、運転免許の更新がありましたが、問題なく終了しました。
私にとってレーシックは少し怖いイメージがありましたが、終わってみると眼鏡要らずの生活を送る事ができているので、大変良い体験となりました。

レーシックを受ける上で最も大切なのは失敗しないことですよね。
そのためには適応検査などの事前検査をしっかり行ってくれる病院を選ぶ必要があります。
レーシックを受ける病院選びのポイントがこちらにまとめてありますのでこちらを参考に
良い所を見つけてください。

目は生きていくのにとても大切なので、失敗した...
なんてことにならないようにしっかりと検討してからの手術をおすすめします。

Copyright(C) 2010 視力回復.com All Rights Reserved.