レーシック画像

コンタクトで目の細胞数が減少しないよう

レーシックとは、角膜をレーザーで照射し屈折異常を強制する施術です。
遺伝などの場合を除きほとんどの近視の原因は、角膜や水晶体の屈折率が強すぎることだといわれています。

そのため、レーシックでは角膜をレーザーで削ることで角膜の曲率を変えて、
近視を矯正するのです。
視力が回復するため、メガネやコンタクトレンズを利用しなくても裸眼で生活することが可能になります。

近年、スポーツ選手や芸能人などの有名人が施術を受けていることで、
レーシックも広く知られるようになり、施術を受ける人の数は年々増えてきています。

私も長年コンタクトレンズを使用してきましたが、レーシック施術を受けようと決めたのは、
「コンタクトの長期使用により、角膜の内皮細胞の数が減少する」という記事を
読んだのがきっかけでした。

コンタクトレンズは直接目に装着して使うものなので、裸眼やメガネに比べるとどうしても目に行き届く酸素の量は減ります。
すると、目の角膜の内皮細胞という細胞の数が減少するのです。

レンズに酸素透過性の高さを売りにしたものが多かったり、
つけたまま眠らないよう注意されたり、長時間装用を避けるよう指示されるのはそのためです。

内皮細胞の数が一定以下になってしまうと、コンタクトレンズ自体を使えなくなってしまいます。
もちろん、すべての使用者が必ず細胞の数が減って将来使えなくなるということはないのですが、
定期検診をきちんと受けていてもコンタクトレンズを使用する限り、細胞現象のリスクを避けることはできないのです。

私はメガネが似合わないため、どうしても裸眼に近い形で生活したいと思っていました。
今は良いですが、もし将来コンタクトレンズが「もう使えません」となるくらいなら、
あらかじめレーシック施術を受けていたほうがよいのでは…という考えから、 
確かに自分の大事な目のことなので最初は不安が多少ありましたが、不安な点は、
理解できる・納得できるまで医師に質問し、説明を受けるように努めました。

今は、面倒なレンズの手入れもなくなり、快適に過ごしています。
内皮細胞の数は眼科で測定することが可能ですが、皆さんももし興味があれば
レーシックについて一度調べてみるのはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2010 視力回復.com All Rights Reserved.