レーシック画像

レーシック手術のデメリットとは何か紹介します。

レーシック手術をいうと、メガネをかけた私にとっては憧れの治療法でした。
レーシックのメリットといえば視力を取り戻すことができるので、
裸眼で生活ができるようになることですね。

だけれども、検診の結果レーシックを諦めました。
それは手術した結果よりもデメリットのほうが大きかったためです。
しっかりとした情報を知って今に至っているため、メガネ生活でも諦めが付いています。

今回は、レーシックのデメリットに関してお話します。
最初に、私の視力の変化と手術を受ける経緯を話します。
私は、高校生の頃の受験勉強のしすぎて一気に視力が悪くなりました。
その結果、メガネ生活を余儀なくされたのです。

現在の裸眼の視力は0.01クラスの小数点第2位クラスの悪さです。
加えて、強度の乱視に片方の目だけが焦点があわない事がわかり、市販のコンタクトレンズでは矯正できないことがわかりました。
その結果私にはメガネという選択肢しかありませんでした。

私は、視力が悪くなった時非常に後悔したものです。
ですが、メガネを掛けない状態で仕事をしたい希望がありました。
それは、私が心臓外科で特殊なメガネを装着し手術を行うため、
2重にメガネを付けるのが嫌になったからです。
2重にレンズ越しで幹部を診ていると少しクラクラしたので、友逹に相談してレーシック手術を受けることにしました。

すると、検査の結果で通常のレーシック手術では治療できないことと、
私等の特有の職業の方にとって致命的な副作用があることを知り諦めました。

初めに、検査の結果に関してです。
検査の結果レーシック手術によって削られる角膜自体の厚さが薄いことが判明して通常の手術形式では手術が出来ないことがわかりました。

他の方法としては、イントラレーシックという手段があるが、
この手術をすると副作用として視力の安定化に非常に時間がかかるここと場合によっては色の見え方が異なると言われました。

実は、心臓外科は血管の色を的確に判断する必要があるため、私は諦めました。
もし貴方が色の見え方によって仕事に左右される場合は、メガネかコンタクトのままが良いと思います。
こちらにレーシックにかかる金額と手術の主な流れについてかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

Copyright(C) 2010 視力回復.com All Rights Reserved.