レーシック画像

レーシック手術後のドライアイの解消法

近年、レーシックの手術は視力矯正に大変効果のある手術として知名度が上昇し、
多くの方が安心して受けられる手術となっています。

最近では、複数の種類の医療用レーザーも用いられ、患者様の目の症状に応じ
より安全性の高い手術法が用いられ視力回復が望めるようになっています。

このレーシック手術の後には、幾つかの一時的な症状を発症する事があり、
予めその詳細を把握しておく事が適切に対処するためには不可欠です。

私がレーシックの手術後に一時的に発症した症状に、夜間や暗い場所での光への反応があります。
暗い場所で光を見る事により視界がぼやけたり、まぶしく感じる事がありましたが、
このような症状は一時的なもので、数週間後には回復しました。

そして、もう一つ私が経験した症状にドライアイhttp://www.tech-index.jp/があります。
この症状も長期的なものではなく数週間で改善されましたが、
この症状の発症の際には幾つかの解消法を実践しました。

ここではレーシック手術後のドライアイの解消法についてお話致します。
先ず最初に、この手術後に私が実践したドライアイの解消法として、
目の周辺のツボを刺激するというものがあります。
これは涙の分泌を促進し、この症状の解消に効果があります。
この目のツボの刺激は人差し指と親指で、鼻の両側の目頭フ部分をつまみ、鼻の骨を軽くもむように一定の時間刺激します。
又、両手の親指を上目蓋にあて、軽く押すように刺激する事も効果的です。

次に、私が実践したレーシック手術後のドライアイの解消法に蒸しタオルを使用した方法があります。
これは涙に油分を加える効果があり、蒸しタオルで目を温めると涙の油分の分泌が活発になります。
その為、私は蒸しタオルで目を温めてツボ刺激しドライアイの解消を行ないました。
その結果、短時間でドライアイの症状も改善し、視力に大きな影響を与える事はありませんでした。
また、レーシックを受けた後アイメイクは可能なのでしょうか。こちらの記事http://www.hburgpc.org/aimeiku.htmlは女性必見です。

このようにレーシックの手術後のドライアイの解消法には、このようなものがあります。
その他に起こりうるレーシックの合併症などのトラブルについてはこちらをご覧ください。

Copyright(C) 2010 視力回復.com All Rights Reserved.